歯を虫歯から守るキシリトール
 
 キシリトールは白樺や樫の木などの樹木をつかってできた天然の甘味料です。人の体内や食品(いちご・ほうれん草など)にも含まれています。北欧諸国では虫歯予防に積極的に応用され、効果をあげています。

 日本では1997年にようやく食品添加物として認められ、キシリトール配合のガムやタブレットなどが市販されるようになりました。

キシリトールは虫歯を予防する?

 食物をとると、歯の表面や隙間に残った糖を虫歯の原因菌が摂取し、酸を作ります。この酸によって、歯の表面のエナメル質が溶かされ、虫歯になります。キシリトールは酸を全くつくりません。つまり、虫歯菌がキシリトールを食べても発酵できないので酸をつくれません。さらに虫歯菌はキシリトールを摂取することで活性が弱まり、砂糖などの糖からも酸を生成できなくなります。

 また、キシリトールのガムなどをかむ事で唾液の分泌が促進され、お口の中を中和します。ですから、食後やおやつの後に、もちろんおやつ代わりに与えても有効です。具体的な応用方法については、お気軽にご質問ください。