タバコは歯周病を悪化させる?

 喫煙が歯周病を増悪するメカニズムはつぎのように説明されます。

 タバコの煙の中には2000種以上の有害な物質が含まれています。その中でも、毒性が強くて、多く含まれているニコチン・タール・一酸化炭素が三大有害物質とされています。

 喫煙すると、タバコの煙に含まれる有害物質は、肺だけでなく、口の中の粘膜や歯肉からも吸収されます。口の中の粘膜や歯肉の細胞は、タバコの有害物質が障害となり、正常な機能が出来なくなります。

 口の中の粘膜や歯肉の細胞の免疫力も低下し、正常な免疫機能が乱れます。また口腔内が酸欠になり嫌気性細菌(歯周病の主な原因菌)の恰好のすみかとなります。

 このような状況下では、歯周病菌に対して局所の抵抗力が弱まるので、歯周病菌は増殖しやすくなり、歯周病の発症・進行を助けることとなります。