乳歯のもととなる歯胚は妊娠のごく初期(妊娠6〜8週)から形成され始めます。また、永久歯の一部の歯胚も妊娠5ヶ月頃から乳歯の歯胚の下で成長を始めます。ですから、歯の強い子にするためには、妊娠中のお母さんの健康状態や栄養管理がとても大切です。

妊娠中の注意点

 生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはまだ虫歯の原因ミュータンス菌はいません。乳歯の生える1歳頃をピークに、家族(特にお母さん)のお口から感染する可能性が極めて高く、その後、1歳半頃までに口腔内細菌叢(お口の中の常在菌の種類やバランス)が決定します。また、虫歯の多いお母さんの子どもは虫歯になる確率が高くなります。


虫歯の原因となるミュータンス菌

 結婚して子どもがほしいと思ったら、生まれてくるお子さんの歯を守るためにも、まずお母さん自身のお口の中を清潔にし、虫歯があったり、歯周病の兆候があったりしたら、治療しておくことが大事です。妊娠中は“つわり”等で食生活が不規則になり、ブラッシングが規則正しく行いにくくなります。また、ホルモンバランスが変化することによって、お口の中の衛生状態が増悪されやすく、虫歯はもちろん、歯周病も進行しやすくなるからです。

 また、妊娠中は投薬などに制約があり、積極的な治療がしにくいこと、出産後は物理的に通院が困難となることなどからも、妊娠前に治療を終えておくことが重要です。

 そして、妊娠したとわかったら、歯科医院で健診を受け、お口の中を清潔にするためのアドバイスを受けましょう!