一生自分の歯で食べるために

壮年期はこれまでのお口の健康管理の結果が出始める時期です。歯周病や虫歯は生活習慣病です。老化ではなく、進行した歯周病や虫歯が原因で40〜50歳以降、歯を失う率は高くなっています。

歯周病の進行に注意

 これまでのお口のケアが十分でなかった人は、症状なく、知らず知らず進行した歯周病によって、思いがけず歯を失ったり、強い痛みや腫れなどを繰り返すことがあります。

 また、近年、歯周病と全身疾患(糖尿病・心疾患など)との関わりが注目されています。(歯周病と全身疾患の項目参照)仕事が忙しいからと決して放置せず、一生自分の歯で食べるためにはここが正念場!適切な治療とケアで、お口の健康を回復しましょう。

二次虫歯・歯の根の虫歯に注意

 歯周病などで歯肉が退縮して歯の根が露出した部分や、歯と補綴物(被せ物)の境目は歯垢(プラーク)がたまりやすく、虫歯になりやすい箇所です。このような部位が虫歯になってしまうと、その歯を保存すること自体、大変難しくなります。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを適切に用いて、磨き残しがないよう注意しましょう。


歯の根のむし歯の例

歯を抜けたまま放置すると・・・

 一本でも歯が抜けたままで放置していると、周囲の健康な歯やかみ合わせにまで多大な影響を及ぼします。歯が抜けた後は放置せず、速やかに義歯やブリッジなどで補う処置を受けましょう。