義歯と残存歯(残った歯)を大切に

 老年期は義歯やブリッジなどの補綴物を装着している人が多くなります。いつまでも美味しく楽しく食事ができるように、また、誤嚥性肺炎の予防のためにも、義歯と残存歯を清潔に、大切にケアしましょう。

義歯やブリッジは定期的にチェックを受けましょう

 義歯(入れ歯)を支えている顎堤(あごの骨)の形態はおよそ半年〜1年で変化します。これを放置すると適合不良により義歯が不安定になり、支えとなっている骨や残存歯に過剰な負担を生じます。

 これを防ぐためには定期的な調整(リライニング)が必要であり、当院ではこれを積極的に行うことで、環境の安定化を図っています。
 
義歯の清掃・管理法

義歯を外した時は、水の中に浸けましょう。乾燥すると歪んで合わなくなります。

食事後は必ず義歯を外して、歯ブラシで洗うようにしましょう。お口をよくゆすぎ、残っている歯も丁寧に磨いてください。

寝る前はキッチン用中性洗剤や固形せっけん等をつけて、歯ブラシ(義歯用歯ブラシ)で洗い、その後入れ歯洗浄剤に浸けておくと清潔に保つことができます。

※部分入れ歯は金属部分を傷める危険性があります。浸けすぎには注意しましょう。

残存歯の保存に努めましょう

 お口の健康は全身の健康につながります。いつまでも健康で若々しくいるためには、自分の健康な歯を一本でも多く、少しでも長く持たせるようなケアが必要です。

 特に欠損部や補綴物に隣接した歯は汚れがたまりやすく、落としにくいものです。また、加齢に伴い唾液の分泌量が低下し、お口の中が乾燥しやすく自浄作用も低下しますので、虫歯になりやすくなります。ここで、のど飴など頻回になめるようになると、虫歯の進行に拍車がかかってしまいます。

 定期的なメンテナンスで長期にわたるお口の健康の維持に共に取り組みましょう!




効果的なうがいでお口の中を清潔に

 普段、何気なくおこなっている「うがい」・・・
正しいうがいは実は重要な口腔ケアのひとつなのです。(うがいの項目参照)

 「ぶくぶく・くちゅくちゅ・ぺっ!」と唇+頬+舌+喉の筋肉を十分使って、効果的なうがいをおこなうことで、お口の中の粘膜に付着している細菌を取り除くことができます。歯磨きの後には(無歯顎の方も義歯を外して)効果的なうがいでお口の中を清潔に保ちましょう!