歯の生えかわりの時期はお口の中でいろいろな変化が起こっています。生えかわりに異常がないか、しっかり見守ってあげましょう。

混合歯列(生えかわり)期の注意

 乳歯と永久歯の交代は、6歳頃から始まり、6〜7年かけて12〜13歳頃に、親知らずを除く28本の永久歯が生えそろいます。


乳歯と永久歯の混合歯列

 この生えかわりのプロセスに何らかの異常や不都合があると、永久歯が生えてくることができなかったり、正しい場所に生えずに、歯並びが悪くなったりします。生えかわりの時期は親が子どものお口の中の変化をしっかり観察し、異常がある場合は歯科医に相談してください。

第一大臼歯を守ろう

 永久歯も生えて間もない頃は構造的に不完全で虫歯になりやすく、また、生えかわりの途中は歯並びやかみ合せも複雑で大変磨きにくい環境になります。小学生になったからと、仕上げ磨きをやめてしまわず、一層の注意を払って、一生使う大切な永久歯の健康を守ってあげてください。

 特に、6歳臼歯といわれる第一大臼歯は乳歯の奥に生えてくるので、気がつきにくく、歯ブラシも届きにくいので、虫歯になりやすい歯です。

 この第一大臼歯は永久歯の中でもかむ力の中心的役割を担い、永久歯全体の歯並びやかみ合わせの基本ともなる大切な歯です。家庭での歯磨きと、歯科医院での定期健診、*シーラント処置や*フッ素塗布で虫歯から守ってあげましょう。

*シーラント処置
奥歯の複雑な溝をフッ素配合のセメント(樹脂)で埋めて、虫歯を予防する処置。生えて間もない頃の奥歯に特に有効。

*フッ素塗布
フッ素は歯のエナメル質を強化し、虫歯の原因菌が産生する酸から歯を守ります。歯科医院で年に数回高濃度のフッ素を塗布するほか、家庭では、フッ素入りの歯磨き剤などを使う習慣をつけましょう。