歯ブラシできちんと磨いていても、歯と歯の間の細かい隙間のプラークは完全に除去することはできません。デンタルフロスや歯間ブラシの使用を習慣化しましょう。

 どんなにていねいに歯ブラシで磨いたあとでも、デンタルフロスや歯間ブラシをすると驚くほど食べかすやプラークが残っていたことを実感します。また、口臭の改善などにもつながります。

 当院では担当の歯科衛生士が、ひとりひとりの患者さんのお口の状態に合ったサイズや使用法を丁寧に指導しております。



デンタルフロスには、使いやすいY字型ホルダータイプもあります。

「上・下の歯のフロッシング」図の引用/BUTLER : Dental Home Care