その他、治療に関してのご質問、お口に関するお悩みなどございましたら、お気軽にご相談ください。



補綴物(ほてつぶつ)が長期にわたって機能するために・・・

 詰める、被せる必要の出た部分は清掃しにくい形態や部位であることが多く、この点を改善しなければ、再び虫歯や歯周病を引き起こす原因にもなります。

 咬めることはもちろんのこと、清掃性を最大限に考慮した形態・設計の補綴物でなくてはなりません。当院では個々の患者さんのお口の環境に適切な補綴治療を行うために、担当の医師・衛生士・技工士で綿密な相談の上、担当技工士がマイクロスコープを使って精度の高い技工物を製作しています。

マイクロスコープを使い
ひとつひとつ、心を込めて
丁寧に仕上げています。
義歯(入れ歯)

 院長の専門分野であり、豊富な経験と高度な技術により、さまざまなケースに対応しています。
 
義歯(入れ歯)を支えている顎堤(あごの骨)の形態はおよそ半年〜1年で変化します。これを放置すると適合不良により義歯が不安定になり、支えとなっている骨や残存歯に過剰な負担を生じます。

 これを防ぐためには定期的な調整(リライニング)が必要であり、当院ではこれを積極的に行うことで、環境の安定化を図っています。また、院内技工により義歯の修理なども即日対応することができます。





禁無断転載 Copyright © 2004 Fujiwara Dental Clinic. All rights reserved.

入れ歯、義歯のご案内 藤原歯科医院 / 大阪市中央区(一般歯科、小児歯科、口腔外科、入れ歯、歯周病) 最寄駅 長堀橋・松屋町・心斎橋